SUZU GROUP

新潟やさしいやさい

商品紹介

「新潟のやさいはやさしいと思う」
作り手と生活者を結ぶ冷凍野菜ペースト

全国トップ3に入る農地面積を誇る新潟県。多種多様な産地を誇り、ほとんどが県内消費。農家さんは、地域の為を想い安全で美味しいものをつくる。そんな地域を想う生産物の魅力は「やさしさ」なんじゃないかと思います。

新潟のやさしいやさいは、新潟の土で育った旬のやさしい野菜の素材の味を最大限に活かした冷凍ペースト。急速冷凍することで素材の美味しさをぎゅっと詰め込みました。シンプルなポタージュスープやカレーなどの煮込み料理の旨みに使ったり、リゾットや雑炊などご家庭でのお食事に旬の素材を合わせて様々なアレンジが可能です。

また、離乳食、介護職、闘病中の方のお食事にもご利用いただけます。無添加、食塩不使用で安心安全な新潟の農家さんの優しさをお召し上がりください。

春だいこん×ジンジャー

冬から春にかけてのスピードが速い新潟の春の大根は苦味が強い。苦味が強い分、じっくりと加熱することで甘味に変わります。更に、生姜を加えることでさっぱりと美味しくお召し上がり頂けます。※ポタージュスープなどおすすめ

完熟トマト

夏に収穫した美味しいトマトを、長時間煮込みペースト状に仕上げました。この時期のものだからこそ、濃厚な味と酸味がとれたバランスの良い味わいです。※トマト煮込みやリゾットなどおすすめ

じゃが芋×たまねぎ

男爵芋と新玉ねぎでつくったペースト。同じ季節で育った野菜をじっくりと炒めて仕上げました。新潟の春の畑で一番初めにスタートする野菜。新潟の春の味わいをお楽しみください。※グラタン、ポタージュスープなどおすすめ

  • オーナーシェフ
    食文化プロデューサー
    鈴木 将
    SHO SUZUKI

    新潟に戻ってきて気づいた。みんなが笑顔になれる、食のみらいを考える。

    高校卒業後、長野・大阪・東京・横浜での料理修業を経て、2007年に地元・新潟県長岡市で「おれっちの炙家 ちぃぼう」をオープン。その後、「越後の台所 すずきち」「青空酒食堂」「SUZUDELI」「FARMTABLESUZU」、ケータリングカー「FOOD TRUCK SUZU365」、グローサリーストア「SUZU365」、食を通じた観光体験「SUZUVEL」を開店。食文化プロデューサーとして「畑ごはん塾」「やさいの学校」「CHEFS CARAVAN」など地域の魅力を伝える取り組みや、地域食材を活かした自社ブランド「SHOSUZUKI NIIGATA」「おむすびJAM」「ジョニーディップソース」など多数商品開発。

    2015「水と土の芸術祭」潟るカフェのフードプロデューサー、2016「地域創生トレーニングセンタープロジェクト」全国の12人に選出され新潟県の地域プロデューサー、レストランバスなどを運営する「一般社団法人ピースキッチン新潟」の理事となり企画運営に関わる。2017「MOTTOVEGEプロジェクト」にて全国1000店舗の飲食店の中から選出され、スペイン野菜留学、フードプロデュースを担当、長野県湯田中町や新潟市、兵庫県姫路市にある地場食材を活かしたカフェのプロデュースやメニュー開発を担当。活躍の場を全国、世界に広げている。

取扱店舗

SUZU365 新潟県長岡市下々条1-126
0258-24-8677

商品に関するご要望、取材依頼、お問い合わせは、こちらより
お問い合わせください。