SUZU GROUP

SHO SUZUKI NIIGATA

商品紹介

新潟でしか味わえない素材を
風土とともに味わってほしい。
その想いを瓶に詰めて、
お届けします。

新潟県は日本海と信濃川、越後山脈を有した、日本有数の豪雪地帯です。日本海に面した約330Kmの細長い地形が特徴で、それぞれの地域に伝統野菜と郷土料理があります。それは先人の知恵と苦労により脈々と受け継がれてきた、継承すべき風土の味。

絶滅が危ぶまれる伝統野菜や未来へ安心・安全な食のバトンをつなぐ環境保全型農業について、今まで生産者とともに考え、発信してきた経験を活かして「そのおいしさをより多くの人に届けたい」と考えました。

新潟県内各地の食材の個性を引き出して現代風にアレンジしたSHO SUZUKIのソースを味わい、新潟の食の魅力を感じて頂ければ幸いです。

新潟トマトソース

Niigata Tomato Sauce

旬の完熟させた濃厚なトマトと越後味噌を使用したトマトソース。味噌を使うことで、熟成された旨みにかわりデップスースやパスタソース、グラタンなど幅広くご利用いただけます。

佐潟ハーブソルト

Sagata Herb Salt

新潟市西蒲区にあるハーブランドシーズンさんのオーガニックハーブを10種類以上ブレンドしたハーブと村上の笹川流れの塩をブレンドしました。チキンのソテーやフライドベジタブル、お魚料理など少しふりかけるだけで
お料理が華やかになります。

佐渡あごだし味噌汁ブレンド

Sado Agodashi Miso Soup Blend

佐渡産のあごだしをメインにかつおだし、昆布をブレンドした化学調味料、無添加の粉末だし。越後味噌と相性のよいお味噌汁の為のブレンドです。チャーハンやふりかけなどにもご利用いただけます。

山古志かぐら南蛮ソース

Yamakoshi Kagura Nanban Sauce

山古志の特産品・かぐら南蛮の
厚みと味わいを活かして

長岡市山古志地域で代々受け継がれてきた固定種かぐら南蛮。独特の辛みと厚い果肉の食感、皮の甘みを大切にしたキレのある深い味わいが特徴です。地域の特産品であるかぐら南蛮みそとはひと味違う洋風ソースに仕上げました。

〈 ソースの主な材料 〉
かぐら南蛮/チーズ/オリーブオイル

  • まぜるだけ簡単レシピ

    • かぐら南蛮
      グリーンジェノベーゼ

      ゆでたパスタに「山古志かぐら南蛮ソース」をあえて、粉チーズをかけるだけ。卵の黄身を加えてカルボナーラ風に仕上げるのも良し。

豊栄みやたまメープルマヨ

Toyosaka Miyatama Maple Mayonnaise

豊栄生まれの平飼い卵で作る
バランス◎なマヨネーズ

長新潟市豊栄地域で、野草やモミガラを食べて育った平飼い鶏の有精卵「みやたま」。あっさりとしてコクのあるレモン色の黄身をマヨネーズにしました。メープルシロップを加えて、甘みと酸味のバランスを整えています。野菜のほか肉や魚との相性も◎。

〈 ソースの主な材料 〉
卵/メープルシロップ/オリーブオイル

  • まぜるだけ簡単レシピ

    • みやたまシーザーサラダ

      葉ものの野菜を適当な大きさにカットし、ドレッシングの替わりに「みやたまメープルマヨ」をかけるだけ。温泉卵をのせると更においしく。

長岡巾着茄子ゆずジンジャー

Nagaoka Purse Eggplant Yuzu Ginger

ゆずと生姜の風味が染み込んだ
長岡の伝統野菜・巾着茄子

身が引き締まってずっしりと重い、長岡の伝統野菜巾着茄子をゆずと生姜で甘辛く煮ています。程よく食感が残る茄子は味が染みていて、ご飯のお供にぴったり。パスタやお肉のしょうが焼きのソースとして、湯豆腐などの薬味替わりにも使えます。

〈 ソースの主な材料 〉
茄子/ゆず/生姜/しょうゆ

  • まぜるだけ簡単レシピ

    • チキングリルの
      茄子ジンジャーソース

      鶏肉を焼いて表面に焼き目を付ける。火が通ったら仕上げに「巾着茄子のゆずジンジャー」を絡めて、弱火で2分ほど煮詰めるだけ。

越路バーニャカウダ

Koshiji Bagna Cauda

酒蔵の町・越路育ち
酒粕にんにくのバーニャソース

酒造りが盛んな長岡市越路地域で、酒粕をたい肥にして育てた「酒粕にんにく」。独特の風味を活かし、チーズをたっぷり入れて作ったバーニャカウダソースです。野菜に付けるほか、ピザやパスタのソース、ご飯とあえてリゾット風にするのもOK。

〈 ソースの主な材料 〉
にんにく/チーズ/アンチョビ

  • まぜるだけ簡単レシピ

    • 旬野菜のグラタン

      一口大に切った旬野菜を「越路バーニャカウダ」とあえて、耐熱容器へ。チーズをのせてオーブンで焼き、表面に焦げ目が付いたら完成。

  • オーナーシェフ
    食文化プロデューサー
    鈴木 将
    SHO SUZUKI

    新潟に戻ってきて気づいた。みんなが笑顔になれる、食のみらいを考える。

    高校卒業後、長野・大阪・東京・横浜での料理修業を経て、2007年に地元・新潟県長岡市で「おれっちの炙家 ちぃぼう」をオープン。その後、「越後の台所 すずきち」「青空酒食堂」「SUZUDELI」「移動販売車 八百屋食堂すず」「FARM TABLE SUZU」を開店する。食文化プロデューサーとして「畑ごはん塾」「やさいの学校」など地域の魅力を伝える取り組みを積極的に行い、2015年には「水と土の芸術祭2015」潟るカフェのフードプロデューサーに就任。活躍の場を全国に広げている。

取扱店舗

SUZU365 新潟県長岡市下々条1-126
0258-24-8677
FARM8
ReACTION STORE
新潟県長岡市宮内3-3-19
0258-94-5518

商品に関するご要望、取材依頼、お問い合わせは、こちらより
お問い合わせください。